かにくらぶ

かに通販の比較・ランキング

かに通販ガイド かにくらぶ 2016-2017ランキングかに通販ガイド かにくらぶ 2016-2017ランキング
かに通販比較4位

ヨネスケ印のかに親分

ヨネスケ印のかに親分

★★★★☆

[満足度 3.8]

お取り寄せ&試食レポートはこちら

ジャパン・フード・セレクションで金賞を受賞!
知床羅臼直送のタラバと本ズワイが人気

目玉商品のたらばがにボイル肩脚や本ずわいがにボイル肩脚など主要商品は、送料無料です(沖縄を除く)。Yahooショッピングで購入できるのが便利です。配送希望日指定がない場合、ご注文(先払い決済は入金確認)から10日前後で届けてくれるそうです。肝心のかにはというと、一切「かさ増し」なしでボリュームがすごいのが特徴。大満足のボリュームなので、大人数のパーティーにおすすめ。化粧箱に入った贈り物にぴったりな「かに鍋セット」もあります。

公式サイトへ
お墨つき商品
くわしく

たらばがにボイル肩脚2kg(約2-4人前)
14,800(税込)

くわしく

金賞受賞知床羅臼がに(国産本ずわいがに)姿1.5kg
12,800(税込)

くわしく

かに鍋セット
6,980(税込)

実際に取りよせました 評価&レポート
くわしく

たらばがにボイル肩脚 2kg(約2〜4人前)
14,800(税込)

評価&レポート商品

たらばがにボイル肩脚2kg(約2-4人前)【送料無料】¥14,800(2016年5月時点)

たらばがにボイル肩脚2kg

かに親分で一番人気の商品が、このたらばがに ボイル肩脚 2kg!ロシア産のタラバ蟹をボイル・急速冷凍、羅臼から直送してくれます。ボイルなので、解凍したらそのまま食べられます。
賞味期限は、冷凍保存で1ヶ月以内、冷蔵保存で2日以内とのこと。2sと量があるので、家庭の冷蔵庫内のスペースが限られる場合は、食べる前日〜当日に届くよう注文するとよいでしょう。

評価データ

[満足度 3.8]★★★★☆

値段
[4.0]
値段は他と比べるとちょっと高めでしたが、実際に頼んでみると納得のボリューム!しかも、2sと記載されていたにもかかわらず、はかってみると2kgを軽く超えていました。タラバがたくさん食べたい!って時にもってこいな商品です。
梱包状態
[4.0]
まさに「産地直送!」な感じで発泡スチロールの箱で届きました。贈り物にするにはちょっと飾り気がなさすぎかな?と思いつつ箱を開けてみると透明な袋に大量のかに脚が見えました…!箱を開けた時のインパクトは大です。
見た目
[4.2]
鮮やかな赤色をしていてキレイな見た目。大ぶりでしっかりと身がしまっていそうな細身の脚がたくさん入っていました!届いてすぐ開けたのですが、氷の膜はやや少なめ。配達中にちょっと温度が上がってしまったのかも?

[3.5]
冷蔵庫で30時間かけて解凍。解凍後そのまま食べてみると、やや水っぽく塩気が感じられる味…。後から同封されていた説明書きを見てみると、解凍前に「流水で手早く薄氷(グリース)のみをとります」と書いてありました。どうやら、余計な水分がついたまま解凍してしまったのがいけなかった模様。次回は気を付けたいです!
気を取り直して、網焼きにして食べてみると…ほどよく水分が抜けておいしい風味が広がりました。
食感
[3.7]
そのままでも食感はよく、かにを食べている感じを存分に楽しめました。さらに網焼きにすると、弾力が出てしっかりと歯ごたえのある食感になりました!身が詰まっていて食べ応えのあるかにです。
食べやすさ
[4.5]
かにばさみさえあれば、きれいに剥けます。ただし、量があるので大人2人がかりで30分くらい時間をみておくと良いと思います。
網焼きにする場合は、片面だけ殻を残してカットすると焼きやすいです。
内容量
[5.0]
2kgと記載がありましたが、実際量ってみると2.2kg近くありました!2〜4人前とのことでしたが、4人家族で食べても大満足の量だと思います。
おすすめの食べ方
網焼き、かに鍋、かに汁
網焼きにしてちょっと土佐酢につけて食べると絶品でした!大ぶりの身を噛みしめると、香ばしいかおり、かにそのものの甘みが口いっぱいに広がって贅沢な気分が味わえます。その他、ちらしずしにのせるとご飯が隠れるくらいのボリューム感で、家庭とは思えない豪華な料理ができあがりました!
公式サイトへ

注文レポート

イメージ 予定通り届きました!

お願いしていた日時にちゃんと届きました。パッケージは特になく、白い発泡スチロールなのが「北海道からの直送!」って感じがしていいですね。ラベルを見ると、たらばがにボイル肩脚2kg、ロシア産って書いてあります。箱の大きさですでに期待が高まります!

イメージ いざ開封。ザックザックたくさんのカニ脚が!

ちゃんと大きなビニール袋に入れてくれていました。結構トゲトゲしているので扱いには注意が必要そう。(実は掴んだ拍子にチクッとされちゃいました^^;)試しに重さを量ってみると、表示の2kgより多くてはかりがエラーに!得した気分です♪配送中に温度が上昇したのか、ちょっと溶けかけていたのがやや気になりました...。が、カニのおいしさを左右する、氷の膜(グレース)は確認できたのでよしとします〜。

手早く準備へ
イメージ 解凍は冷蔵庫で! じっくり一晩おきます...

事前に調べたところ、室温よりも冷蔵庫で時間をかけてゆっくり解凍した方がおいしく仕上がる、という情報を見かけたので、そのやり方で試してみました。まずはカニのかたまりごとに、キッチンペーパー、新聞紙でくるんでいきます。バットに入れて、ビニール袋にいれて口を縛ります。これをすることで、カニの乾燥が防げて、旨みが逃げないようにもできるそうです! 

30時間後
イメージ 食べる30分前にスタート! かにむきに挑戦。

軍手をはめて、かにばさみを使いながらからを剥いていきます。かに脚のサイズが大きいので、キッチンではなく広いスペースがのぞましいです! (結構水もしたたってくるので注意)しっかりとボリュームのある身が見えてくると、食欲をそそります! かにばさみを使えば、見た目ほどは力を使わずに作業できました。量は多いので、2人がかりがおすすめです。

実食へ
イメージ まずはそのままいただきます!

初心者でもこんなにきれいにむけました〜! 食べてみると...ジュワっと汁が広がっておいしい!解凍時の乾燥は防げたようで、水分たっぷりのようです。蟹酢の酸味ととっても合います!  好みではありますが、剥くときに表面がちょっと凍りかけくらいがちょうどいい、という情報も見かけたので、もう少し解凍時間を短くすると水分がおさえられるかもです。

こんな食べかたも!
イメージ 網焼き

網焼きのおいしさにびっくり!! かにの水分が程よく抜けて、香ばしさが出てかにの深い風味が味わえました。かにの風味が楽しみたい方は、解凍そのままよりも網焼きが断然おすすめです。

イメージ かにのちらし寿司

とにかく迫力ある料理に仕上がりました! こんな贅沢なちらし寿司なかなかお目にかかれません。パーティーメニューにすると食卓が盛り上がりそうです♪ こちらも好みで網焼きにしてからのせても○。

公式サイトへ

PAGE TOP