かにくらぶ

かに通販の比較・ランキング

かに通販ガイド かにくらぶ 2016-2017ランキングかに通販ガイド かにくらぶ 2016-2017ランキング
自宅でかに鍋!おすすめのカニは?

更新日:2017/11/08

かに鍋の魅力

かに

冬は身体の芯から温まる鍋がよく行われますが、それのメインをかににしてみるのはいかがでしょうか。家族や親しい友人と「かに鍋」をするのは心躍る経験です。ちょっと贅沢だけど満足できること間違いなし、それがかに鍋。

かにの旨みが溶けだしたスープで、〆のかに雑炊をするのもとても楽しみですよね。年末年始には必ずかに鍋をするという人も多いことでしょう。かにが並ぶと食卓がとても華やかになりますが、かに鍋はまた特別な華やかさがあります。一つのお鍋を、みんなで囲むということの楽しさもあります。

「鍋」なので、栄養面でもとても安心だし、主婦にとっては作るのも簡単だというメリットもあります。 かにをさばくのが難しそうで心配、という人はあらかじめ鍋用にさばいてあるかにを取り寄せるのも手です。

タラバガニ、ズワイガニ、毛ガニのおすすめ理由

かに鍋にする際はどんなかにの種類を選べばよいのでしょうか。もし豪快に大きいかにの身を味わいたいというのなら、タラバガニがおすすめです。タラバガニは厳密に言うとかにの仲間ではなく、ヤドカリの仲間です。味噌も一般的には食べません。流通しているほとんどのタラバガニは冷凍のものですが、近年冷凍技術が進歩していて冷凍でも満足できる味のものが増えています。

かにならではの繊細な旨み・甘味を感じたいなら、ズワイガニがおすすめです。活きたかにを使いたい場合は日本でとれたズワイガニ、つまり越前がにや松葉がになどのブランドがにを取り寄せましょう。 冷凍の場合、タラバガニもズワイガニもむき身、つまりポーション状態で売ってあるものがおすすめです。ポーションのかには、食べやすいように手で持つ部分として殻が少し付けてあるものも多いです。

毛ガニは何と言っても味噌が食べやすく、濃厚でクリーミー。北海道産のものなら年中生のかにが出回っていますので、ぜひ生がにの素敵な風味を味わうのがおすすめです。もちろんボイルがにでもおいしく作れます。

かに鍋の作り方

かに鍋といっても、普通の鍋のように味を付けただしを用意して、野菜とともにかにを煮ながら食べればOKです。だしには醤油やみりん、酒や塩などで味付けをします。かにの風味を壊さずに食べたいという時は、だしの味付けはあまり濃くしない方がよいでしょう。かに鍋用のスープなるものも売っていますので、それを使うのも一案です。

野菜は白菜をはじめとした普通の鍋に使う野菜を用意します。だしが煮立ったら野菜を入れ、また沸騰したらかにを入れます。かには火を通しすぎると旨み成分が抜けてしまいますので、煮具合には気を付けます。かにや野菜は、ポン酢などにつけて食べましょう。むき身でない場合は、キッチンばさみなどを用意して、煮えたかにをむきながら食べます。

野菜やかにを食べ終わったら、冷やご飯を入れてひと煮たちさせます。そこに卵を流しいれ、ふたをしてしばらく蒸らせば〆のかに雑炊の出来上がり。かにの旨みがたっぷりの雑炊で、お腹も心も大満足できること間違いなしです。

お墨つき商品
くわしく

【最高級バルダイ種】大ズワイ満足セット2kg
8,800(税込)

くわしく

ボイル本たらばがに肩脚 2肩
9,800(税込)

くわしく

3L〜2L生本ずわい「かにしゃぶ」脚肉むき身 1kg超
7,800(税込)

PAGE TOP